Broadwimax【違約金負担】について分かり易く解説!

WiMAXを他社プロバイダからBroadWiMAXに乗り換えしたくなった時、違約金がネックになる場合があります。
プロバイダ契約は2年・3年というように複数年契約をする事が多いですが、契約期間を満たさない内に解約する場合は違約金が発生してしまうからです。

ところが、BroadWiMAXならば契約期間満了していない状況でも違約金を気にせずにBroadWiMAXに乗り換えることが可能です。
「違約金負担」というサービスを提供しているためです。

違約金負担サービスは、BroadWiMAXが最大19,000円まで違約金を肩代わりしてくれるサービスです。
肩代わり方法は、申込者の口座にキャッシュバックして振り込むという形式になっています。
なお、このキャッシュバックされるお金は非課税となります。

違約金負担利用方法は非常に簡単です。
公式サイトの申込フォームか電話によってBroadWiMAX利用申込をします。
その後、利用中のプロバイダの契約書の画像データを「info@wimax-broad.jp」に送信すれば申込完了です。
BroadWiMAXを開通すれば指定口座にキャッシュバックされるので、そのお金で違約金を払ってプロバイダを解約します。

なお、解約までに開通しない場合は一度自分で違約金を負担する必要があります。
キャッシュバックは開通後に行われます。

ここで一つ注意しなければいけない事があります。
BroadWiMAXには利用料金の支払い方法が、クレジットカード払いと口座振替の二つあります。
BroadWiMAX利用申込をする際にクレジットカード払いを選択しないと、「初期費用18,857円割引サービス」を利用できないので注意しましょう。

お得に契約できるWiMAXどこ?⇒wimax 契約

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする