電話回線の差込口があるけど【工事なし】で光回線は契約できる?

引っ越してきたアパートや、社宅などでインターネットを使おうと思っても、もちろん契約していない限りインターネットを利用する事はできません。

光回線を契約する場合工事が必要になる訳ですが、部屋に電話回線の差し込み口がある。これって工事不要で光回線が契約できるのでは?と考えられたかもしれないので解説したいと思います。

電話回線の差込口があっても工事無しで光回線は契約できない

結論

電話回線の差込口があっても工事無しで光回線が契約できるわけではありません。電話回線があったとしても基本的に工事は必要になります。

そして利用可能かどうかはまず、光回線事業者のホームページで光回線対応エリアかどうか確認をします。対応エリアであれば、工事を行うことで光回線を利用することができます。基本的には屋内工事が必要になりますが、最新のマンションやアパート等の場合は、既にインターネット用の環境が整備されている所もあり、屋内工事が不要なこともあります。

★光回線を引かずに、パソコンやスマホでインターネットする方法、
モバイルルーター 無制限

また、前の居住者が光回線の工事を実施済みの時も、場合によっては屋内工事は不要になります。
電話回線以外に光コンセントと呼ばれるLANケーブル差込口の付いたコンセントが既に屋内に取り付けられている場合は、屋外から屋内へ光回線が敷設されている状態です。
このような場合は屋内工事が必要かどうか回線事業者へ確認をとりましょう。アパートやマンションによっては、光回線を完備しているところもあります。インターネット完備の場合は、既にインターネットが屋外から屋内まで敷設されており、回線利用契約を結ぶだけで利用可能になります。
一方でインターネット対応の場合は、基地局から屋外まではインターネット回線が敷設された状態で、インターネット利用の為には屋内工事が必要になります。この、インターネット完備、インターネット対応等の状況は不動産屋や大家に確認をしましょう。

電話回線はNTTが全国各地に整備している回線であって、光回線とは別回線になります。ですので、必ずしも光回線が契約できるとは限りません。

そもそも光回線は大手であればフレッツ光(NTT東日本、NTT西日本)が提供しており、その他にもau光やso-netのNURO光等があります。それぞれの回線事業者により光回線が提供可能なエリアが決まっており、自身の住んでいる地域が光回線に対応しているか確認する必要があります。

固定回線にはADSLと光回線があります。光回線は光ファイバーと呼ばれる特殊な通信網により基地局と各アパート・戸建て住宅を結んで高速インターネット通信を提供するサービスです。

一方でADSLとは、電話回線網を使って基地局とアパート・戸建て住宅を結びインターネット通信を提供するサービスです。

この光回線とADSLでは通信速度にかなりの差があります。ADSLは最大でも50Mbps程度の通信速度しかでません。また、基地局から自宅までの距離が離れると、それに応じて通信速度が低くなるという特徴があります。また、電話通信網の一部の帯域を利用している為、固定電話への着信があった場合に、インターネット接続が切れてしまうこともあります。
一方で光回線は、最大1Gbps程度の通信速度がでます。また、基地局から自宅までの距離に影響を受けにくいという特徴があります。インターネットで動画視聴やゲームをしたいと考えている人は光回線の導入を検討することをおすすめします。

光回線の契約の流れ

では、まず光回線の導入が可能かどうか確認する方法ですが、申し込みたい光回線の公式ホームページで確認をすることができます。例えば、au光に申し込みたいと考えているのであれば、au光の申し込みページで自身のエリアが対応しているかを確認できます。
住所を入力することで光回線の導入が可能かどうか直ぐに調べることができます。
このようにして、導入したい光回線がエリア対応しているか確認をしましょう。
エリアに対応しているのであれば、光回線の申し込みが可能です。

では、申し込みが可能であった場合、この後どのような手続きが必要になるかを説明していきます。

申し込みを後に、回線事業者より、開通工事の案内が届きます。
光回線を利用する為には、基地局から自宅内に光ファイバーを敷設するための工事が必要になります。この屋内工事が必要な場合は、居住者の立会いが必要になります。
基本的には屋内工事が必要になりますが、最新のマンションやアパート等の場合は、既にインターネット用の環境が整備されている所もあり、屋内工事が不要なこともあります。
また、前の居住者が光回線の工事を実施済みの時も、場合によっては屋内工事は不要になります。
電話回線以外に光コンセントと呼ばれるLANケーブル差込口の付いたコンセントが既に屋内に取り付けられている場合は、屋外から屋内へ光回線が敷設されている状態です。
このような場合は屋内工事が必要かどうか回線事業者へ確認をとりましょう。

また、アパートやマンションによっては、光回線を完備しているところもあります。インターネット完備の場合は、既にインターネットが屋外から屋内まで敷設されており、回線利用契約を結ぶだけで利用可能になります。
一方でインターネット対応の場合は、基地局から屋外まではインターネット回線が敷設された状態で、インターネット利用の為には屋内工事が必要になります。
この、インターネット完備、インターネット対応等の状況は不動産屋や大家に確認をしましょう。

光回線の導入工事が完了すれば、いよいよインターネットを利用することができるようになります。

光回線の契約から開通までにはおよそ1ヶ月程度かかります。
契約後に工事の日程調整をし、工事が完了して初めて光回線を利用できるようになるためです。

では、インターネットを即利用したい方、工事の立会いが難しい方はどうしたらよいでしょうか?

光回線の契約難しい場合はWiMAXがおすすめです。

光回線とは別ですが、無線回線を利用するという手があります。無線の回線で有名なものとして、WiMAXがあります。このWiMAXは最大通信速度が440Mbps(端末等により最大708Mbps)と、ADSLに比べても格段に早いという特徴があります。
光回線に比べると最大通信速度は半分程度になってしまうものの、普通にインターネットする分には十分な速度がでます。

このWiMAは無線ルーターと呼ばれるルーターを経由してインターネットへ接続する為、面倒な工事は不要というメリットがあります。また、外出先へも持ち出すことができ、どこでも高速なWiMAX通信を利用することができます。

電話回線があったとしても必ずしも光回線が利用できるわけではなく、利用可能かどうかは光回線事業者のホームページで光回線対応エリアかどうか確認をします。対応エリアであれば、工事を行うことで光回線を利用することができます。
工事が面倒だという人にはもう一つの方法として、モバイルルーター(WiMAX)を利用するという手もあります。

光回線は外への持ち出しができませんが、通信速度が速いというメリットがあります。
一方でモバイル回線は通信速度は光回線に比べて低いものの、外へも持ち出せるというメリットがあります。
インターネットを選ぶ時は自身の用途にあったものを選ぶようにしましょう。

工事をしなくてもインターネットができる!wifiルーター

モバイルルーター 無制限

ホームルーター 比較

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする