光回線【コンセント】は必要?場所はどこでもいい?

インターネットを利用する為には光コンセントというものが必要になります。

インターネットを開通させるために、屋外から屋内へ光回線を引き込みます。引き込んだ光回線を利用するために屋内に光コンセントを設置します。

そして、光コンセントからルータを繋ぎ、ルーターを経由してパソコンやゲーム機等をインターネットに接続します。つまり、屋内の光回線をルーターに繋ぐためには光コンセントが必要になります。

光コンセントの種類と場所

光コンセントには一体型と分離型の2種類が存在しています。

一体型光コンセントは電話のモジュラージャックや電気コンセントと一体となっているタイプのコンセントです。屋外から屋内への光回線導入に電話の配管を利用している場合は、一体型のコンセントが設置されます。電話の配管を利用して屋内へ導入しているため、電話用コンセントと同じ場所へ光コンセントは設置されます。

分離型コンセントとは、他のコンセントと一体となっているようなものではなく、コンセントその物が単独で存在しているタイプです。分離型コンセントは光回線を配管以外から導入した場合に設置されます。この場合、光コンセントは必ずしも電話線と同じ場所に設置されるというものではありません。

光回線の契約は難しい!モバイルルーターでインターネット⇒モバイルルーター 無制限

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする