光回線【コンセント】は必要?場所はどこでもいい?

インターネットを利用する為には光コンセントというものが必要になります。

インターネットを開通させるために、屋外から屋内へ光回線を引き込みます。引き込んだ光回線を利用するために屋内に光コンセントを設置します。

 

そして、光コンセントからルータを繋ぎ、ルーターを経由してパソコンやゲーム機等をインターネットに接続します。つまり、屋内の光回線をルーターに繋ぐためには光コンセントが必要になります。

 

光コンセントの種類と場所

 

光コンセントには一体型と分離型の2種類が存在しています。

 

一体型光コンセントは電話のモジュラージャックや電気コンセントと一体となっているタイプのコンセントです。屋外から屋内への光回線導入に電話の配管を利用している場合は、一体型のコンセントが設置されます。電話の配管を利用して屋内へ導入しているため、電話用コンセントと同じ場所へ光コンセントは設置されます。

分離型コンセントとは、他のコンセントと一体となっているようなものではなく、コンセントその物が単独で存在しているタイプです。分離型コンセントは光回線を配管以外から導入した場合に設置されます。この場合、光コンセントは必ずしも電話線と同じ場所に設置されるというものではありません。

 

光回線の契約の流れ

 

光回線の契約をするには、まず光回線の導入が可能かどうか確認する方法ですが、申し込みたい光回線の公式ホームページで確認をすることができます。例えば、au光に申し込みたいと考えているのであれば、au光の申し込みページで自身のエリアが対応しているかを確認できます。

住所を入力することで光回線の導入が可能かどうか直ぐに調べることができます。
このようにして、導入したい光回線がエリア対応しているか確認をしましょう。
エリアに対応しているのであれば、光回線の申し込みが可能です。

 

★AUひかり エリア確認⇒auひかり

★ドコモ光 エリア確認⇒ドコモ光

★ソフトバンク光 エリア確認⇒SoftBank光

★NURO光 エリア確認⇒NURO光

 

では、申し込みが可能であった場合、この後どのような手続きが必要になるかを説明していきます。

 

申し込みを後に、回線事業者より、開通工事の案内が届きます。
光回線を利用する為には、基地局から自宅内に光ファイバーを敷設するための工事が必要になります。この屋内工事が必要な場合は、居住者の立会いが必要になります。
基本的には屋内工事が必要になりますが、最新のマンションやアパート等の場合は、既にインターネット用の環境が整備されている所もあり、屋内工事が不要なこともあります。
また、前の居住者が光回線の工事を実施済みの時も、場合によっては屋内工事は不要になります。
電話回線以外に光コンセントと呼ばれるLANケーブル差込口の付いたコンセントが既に屋内に取り付けられている場合は、屋外から屋内へ光回線が敷設されている状態です。
このような場合は屋内工事が必要かどうか回線事業者へ確認をとりましょう。

 

また、アパートやマンションによっては、光回線を完備しているところもあります。インターネット完備の場合は、既にインターネットが屋外から屋内まで敷設されており、回線利用契約を結ぶだけで利用可能になります。
一方でインターネット対応の場合は、基地局から屋外まではインターネット回線が敷設された状態で、インターネット利用の為には屋内工事が必要になります。
この、インターネット完備、インターネット対応等の状況は不動産屋や大家に確認をしましょう。

光回線の導入工事が完了すれば、いよいよインターネットを利用することができるようになります。

 

光回線の契約から開通までにはおよそ1ヶ月程度かかります。
契約後に工事の日程調整をし、工事が完了して初めて光回線を利用できるようになるためです。

 

では、インターネットを即利用したい方、工事の立会いが難しい方はどうしたらよいでしょうか?

 

光回線の契約難しい場合はWiMAXがおすすめです。

 

光回線とは別ですが、無線回線を利用するという手があります。無線の回線で有名なものとして、WiMAXがあります。このWiMAXは最大通信速度が440Mbps(端末等により最大708Mbps)と、ADSLに比べても格段に早いという特徴があります。
光回線に比べると最大通信速度は半分程度になってしまうものの、普通にインターネットする分には十分な速度がでます。

 

このWiMAは無線ルーターと呼ばれるルーターを経由してインターネットへ接続する為、面倒な工事は不要というメリットがあります。また、外出先へも持ち出すことができ、どこでも高速なWiMAX通信を利用することができます。

 

★WiMAXエリア確認⇒BroadWiMAX