光回線は【未成年】でも契約できる?

光回線 未成年
光回線は未成年者であっても18歳以上であれば契約することができます。

但し、未成年者の場合は基本的に親権者の同意を貰う必要があります。
これは、民法上、未成年者は責任能力が無い為に親権者の同意が必要であると定められているからです。
光回線の限った話ではなく、未成年者における契約の類は基本的に親権者の同意が必要です。これを破って契約をした場合、その契約自体が無効となってしまうためです。
では、未成年が光回線を利用したい場合の契約方法はどのようにすればよいか?
未成年者が光回線を利用するには次の二通りの方法があります。

未成年者が光回線を契約する2つの方法

・親権者名義で契約する方法

一つ目の方法としては、親権者の名義で契約をしてもらう方法です。名義人が親権者である為、契約は問題なく行えます。
未成年者が成人を迎えた後に名義を変更することも可能です。

・親権者の同意を貰い未成年者名義で契約する方法

二つ目の方法としては、親権者に同意を貰った上で未成年者名義で契約をする方法です。

親権者は同意書と親権者自身の確認書類を準備する必要があります。未成年者も確認書類等を準備が必要です。親権者が遠方に住んでいる場合は、書類の準備等に時間を要してしまうこともあります。

未成年で光回線を利用したい場合は上記どちらかの方法で契約をしましょう。

学生に人気のインターネット!⇒モバイルルーター 無制限

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする