賃貸アパートで【光回線の工事】ができないケースとは?/屋内工事・屋外工事


光回線を利用したいと思っていても、実は工事ができない場合があります。工事ができなければ、当然光回線を利用することもできません。

では、一体どういった場合に工事ができないのでしょうか。今回は光回線の工事ができないケースについて紹介をします。

光回線のエリア対象外

まずは、光回線の対象外エリアの場合です。
せっかく光回線を利用したいと考えていても、自分の住んでいるエリアが光回線の対象外であった場合は、工事はできません。そもそも光回線が届いていないのですから工事をしても光回線を使えるようにはなりません。

たて

次に、エリアは対応しているものの都合上工事ができない場合です。
このケースでは2通りのパターンが考えられます。

建物の屋外工事が済んでいない

まずは、屋外工事が済んでいない(アパートの共有エリアまで光回線の導入が済んでいない)場合です。
個人で光回線を申し込む場合、屋内工事が必要になります。屋内工事とは、アパートの共有エリアからアパートの自室に光回線を導入する為の工事のことです。この工事を終えることにより光回線を利用することができるようになります。ですが、これはアパートの共有エリアまで光回線が導入されていることを大前提としています。

光回線の工事には、屋外工事と屋内工事があります。
屋外工事とは、光回線の基地局からアパートの共有エリアまでの光回線導入工事のことです。

屋内工事とは、アパートの共有エリアから自室までの光回線導入工事のことです。
光回線を利用する為にはこの屋外工事と屋内工事をする必要があります。個人で光回線を申し込み、光回線開通の為の工事は屋内工事になります。

屋外工事は個人でできるものではなく、アパートの大家さんが行う工事です。
光回線の基地局からアパートの共有エリアへ光回線を引き込むためには、アパートの外壁に穴をあけるような場合等もあり、個人の独断で行うことはできません。
あくまで、大家さんが屋外工事の依頼を行うものなのです。
この屋外工事が済んでいなければ、当然ながら屋内工事も行えませんので、光回線を利用することはできません。

建物の構造上、光回線の屋内工事ができない

次に、建物の構造上、屋内工事ができない場合です。
屋外工事が済んでおり、あとは屋内工事で光回線が利用できるような状態であっても、屋内工事ができない場合があります。
アパートの共用エリアから自室に光回線を導入する為に、エアコンダクトや電話線用の経路を利用して光回線を引き込む工事(屋内工事)を行います。
ですが、建物の構造上どうしても屋内工事が行えない場合、光回線を導入することができません。

光回線の工事ができない!そんな時は⇒工事不要 インターネット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする