WiMAXは未成年でも契約できるプロバイダ

WiMAX 未成年 契約

WiMAXの契約にあたっては未成年者であっても次の方法でWiMAXを契約することができます。

未成年の方がWiMAXを契約する方法

未成年者が親の名義で契約する方法

まず、一つ目の方法は親の名義でWiMAXを契約するという方法です。この方法はタイトルの通り、親に契約名義人となってもらい親のクレジットカード等で支払いをするというものです。但し、この場合注意点があります。WiMAXサービスを提供しているプロバイダーの多くはクレジットカード払いを前提としているということです。

口座振替での支払いが可能なプロバイダーもいくつかありますが、口座振替の為の書面手続きが必要であったり、口座引落し手数料が取られたり、インターネットの開通に時間がかかったりといったデメリットがあります。

 

親の名義で契約してもキャッシュバックを自分が受け取る事も可能なプロバイダ
親名義でWiMAXを契約してもGMOとくとくBBWiMAXの場合、キャッシュバックを子供が受け取る事が可能です。GMOとくとくBBはWiMAXのキャッシュバックが1番高額なプロバイダなのですが、そのキャッシュバックの受け取りを親の銀行口座ではなく、自分の口座で受け取る事が可能です。
契約後に届くメールの振込先口座を自分の名義を記入すればキャッシュバックを受け取る事が可能です。

【GMOとくとくBB】キャッシュバック
↓ ↓ WEB申込み割引対象 こちらから ↓ ↓


キャッシュバックで選ぶならとくとくBBがおすすめとくとくBBの特徴は、・最大32,000円のキャッシュバック
・ギガ放題プラン3,609円から
・端末代0円から!
・口座引き落としも可能
・3年プランならLTE回線利用が無料と言った感じです。

料金 3,609円~
評価
備考 キャッシュバック有り、端末代0円

 

キャッシュバックが強力とくとくBB 総評

キャッシュバックが強力なとくとくBBですが、キャッシュバックの受け取りは親名義の契約でもお子様が受け取る事は可能です。11ヶ月後に届くメールにご自身のお振込み口座を記入すれば親の名義での契約でもキャッシュバックを受け取る事が可能

 

未成年者が自分名義で契約する方法

二つ目の方法は、未成年者が自分名義で契約する方法ですが、これはWiMAXの提供会社毎に条件があり、条件を満たした場合のみ契約できます。この条件は会社毎に異なりますが、例えばBroadWiMAXの場合は「19歳以上であること」と「親権者の同意書が必要」の2つです。

 

BroadWiMAXの場合は、19歳以上かつ親の同意書があれば、未成年であってもWiMAXを契約することが可能です。GMOとくとくbbでは17歳以下の場合は「電話での申し込み」及び「親権者の同意書」が必要となります。また18歳以上の場合はインターネット経由で申し込みできますが、「親権者の同意書」は必要となります。ですが、料金の支払いはクレジットカードのみとなっている為、クレジットカードがなければ実質契約することができません。

 

未成年でも契約できるプロバイダー3社

では、未成年でも契約のできるプロバイダーはどこか?ですが、未成年者でクレジットカードがなくても「親権者の同意」があれば契約できるプロバイダーはいくつかあります。

「BroadWiMAX」、「BIGLOBEWiMAX」、「UQWiMAX」の3社は口座振替による支払いに対応しており、未成年者であっても親権者の同意書があれば契約可能です。それ以外のプロバイダーはクレジットカードが必要になるため、クレジットカードを所有していなければ申し込みができません。

 

まとめ

WiMAXを未成年の方が契約する場合、
・親名義で契約をする
・自分の名義で契約する場合「親の同意書」が必要

親の名義で契約し、親が料金を支払ってくれてキャッシュバックは自分が受け取りたいという方は、GMOとくとくBBWiMAXがおすすめ
GMOとくとくBB

ご自身で契約したい場合は、未成年でも契約ができるBroadwimaxがおすすめ
『BroadWiMAX』

このようになります。

WiMAX
工事不要インターネット|2019おすすめWiFiルーター