WiMAXは未成年でも契約できる?

WiMAX 未成年 契約

WiMAXの契約にあたっては未成年者であっても次の方法でWiMAXを契約することができます。

未成年の方がWiMAXを契約する方法

未成年者が親の名義で契約する方法

まず、一つ目の方法は親の名義でWiMAXを契約するという方法です。この方法はタイトルの通り、親に契約名義人となってもらい親のクレジットカード等で支払いをするというものです。但し、この場合注意点があります。WiMAXサービスを提供しているプロバイダーの多くはクレジットカード払いを前提としているということです。

口座振替での支払いが可能なプロバイダーもいくつかありますが、口座振替の為の書面手続きが必要であったり、口座引落し手数料が取られたり、インターネットの開通に時間がかかったりといったデメリットがあります。

未成年者が自分名義で契約する方法

二つ目の方法は、未成年者が自分名義で契約する方法ですが、これはWiMAXの提供会社毎に条件があり、条件を満たした場合のみ契約できます。この条件は会社毎に異なりますが、例えばBroadWiMAXの場合は「19歳以上であること」と「親権者の同意書が必要」の2つです。

BroadWiMAXの場合は、19歳以上かつ親の同意書があれば、未成年であってもWiMAXを契約することが可能です。GMOとくとくbbでは17歳以下の場合は「電話での申し込み」及び「親権者の同意書」が必要となります。また18歳以上の場合はインターネット経由で申し込みできますが、「親権者の同意書」は必要となります。ですが、料金の支払いはクレジットカードのみとなっている為、クレジットカードがなければ実質契約することができません。

未成年でも契約できるプロバイダー3社

では、未成年でも契約のできるプロバイダーはどこか?ですが、未成年者でクレジットカードがなくても「親権者の同意」があれば契約できるプロバイダーはいくつかあります。

「BroadWiMAX」、「BIGLOBEWiMAX」、「UQWiMAX」の3社は口座振替による支払いに対応しており、未成年者であっても親権者の同意書があれば契約可能です。それ以外のプロバイダーはクレジットカードが必要になるため、クレジットカードを所有していなければ申し込みができません。

デビットカードがあればクレジットカードがなくても契約可能

クレジットカードが必要なプロバイダーでWiMAXの申し込みをしたい場合、クレジットカードを作成しなければなりません。実は、未成年であってもクレジットカードは作ることができるのです。18歳以上の学生もしくは、18歳以上の社会人であればクレジットカードを作ることができます。但し18歳であっても高校に通っている方は作ることができないので注意が必要です。
口座振替に対応していないプロバイダーは多いですが、クレジットカードであれば、未成年であっても契約できるプロバイダーの幅が広がります。

口座振替だと手数料なんかが取られてちょっと損した気分になりますね。かといってクレジットカードを持つのが不安という方もいると思います。そんな方にはデビットカードはいかがでしょうか。

デビットカードというのは金融機関の発行しているカードで、支払い額分を自分の口座から即時引き落とす仕組みとなっています。クレジットカードとよく似ていますが、クレジットカードは口座からの即時引き落としはされず、毎月決められた日に一月分の利用料金が引き落とされる仕組みです。デビットカードは即時口座から引き落とされるため、口座に残高がない場合は利用することはできません。

このデビットカードであれば、未成年であっても作ることができるのです。そして、デビットカードでWiMAXができるプロバイダーは複数あり、この方法を使うことで未成年であってもカード払いができるようになります。カードで支払いをすれば、カードのポイントも溜まり、口座振替のように手数料もとられずにお得ですね。

お得に契約できるWiMAXはどこ?⇒WiMAX 比較

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする